ホーム > アクセス

アクセス

店舗情報  SHOP INFORMATION

琉球帆布&アート雑貨セレクトショップ 沖縄の風

■ 所在地
沖縄県那覇市牧志2-5-2
■ TEL
098-943-0244
■ 営業時間
11:00~20:00
(7~9月は22:00まで)
■ 定休日
年中無休
(1/1のみ休業)
■ 駐車場
無し(隣にコインパーキング有り)

コンセプト  CONCEPT

  2010年1月にオープンした、沖縄のイイものをセレクトしたアート雑貨ショップ。
白を基調にスモーキーブルーをアクセントにした店内では、人気のやちむん作家の作品や注目のTシャツ工房の商品、フェルトグッズ、アクセサリーなどのほか、オリジナル商品の「アートちんすこう」や「クリアホルダー」などを販売しています。
  2010年11月、住み慣れた水上店舗を離れ、国際通りエリア(グランドオリオン通り)に移転リニューアルオープン致しました。店舗の広さも2.5倍、お取り扱い商品も増え、また、琉球帆布のフラッグショップとして装い新たな船出を致しました。前面ガラス張りの店内は開放感に満ち溢れています。ちょっと通りかかったときも、ショーケース越しに、沖縄ARTのウィンドウショッピングを楽しんでみては・・・?

ヨーロッパの裏通りにあるかのような佇まい・・・



ハイセンスな沖縄ARTが詰まった店内・・・
新しい沖縄の風、吹いてます・・・

お取扱い作家さん一覧  ARTIST

pokke 104 ‐ link

pokke 104 イラストレーター
CDジャケット、ライブペイント、ワークショップ等、イラストを主体に様々な分野で活動中。彼女の絵は沖縄の自然がモチーフになっているものが多く、その独創的な世界観にはファンが多い。

新垣 優香 ‐ link

新垣 優香 紅型作家
2011,2012年 「りゅうぎん紅型デザインコンテスト」において2年連続で大賞を受賞。全国で展示会を行う等、精力的に活動中。伝統工芸という既成概念にとらわれない、独自の発想と技法による紅型デザインが今、最も注目される若手紅型作家である。

SYOUTA ‐ link

SYOUTA イラストレーター/デザイン
沖縄県うるま市出身。ポップでカラフルな彼の作品は見ているだけで元気になれる。彼がイラストデザインしたTシャツ等は大人気で、お土産やギフトに大変喜ばれている。

双子堂 ‐ link

双子堂 器 作家
沖縄県読谷村在住。その名の通り、双子の姉妹で活動中。沖縄の自然や動物をモチーフにした、かわいらしくも鮮やかな色づかいの器は大人気。県内外にファンが多い。

d-y-w-f ‐ link

d-y-w-f ジュエリー作家
一点物から卸しまで。ガラス・彫金等 複数の技法を用いてジュエリーを制作している。那覇市にある、アトリエ兼工房では、ワークショップの開催も。屋号の「d-y-w-f」は、「don’t you wanna fly over the sky」・・「空を飛びたくないかい?」の意味。

一翠窯 ‐ link

やちむん
壷屋焼を学んだ高畑伸也さんが主宰。鮮やかな色彩が特徴の角皿や汎用性の高いシンプルなデザインの器はとくに人気が高い。日用雑器としての使いやすさにも、さまざまなこだわりが感じられる。

いずみ福祉製作所

   ちんすこう
那覇市首里にある福祉製作所。人気の一口ちんすこうは、県内の大学からお土産屋さんまで、幅広く親しまれている。沖縄の風オリジナルのアートちんすこうの中身も製造していただいている。

陶器工房 壹

   やちむん
1996年に陶器工房 壹を設立。伝統に独自のセンスを融合させた作品は全国の多くのファンに支持されている。読谷村長浜にある工房はまさに絶景と逸品で圧倒される空間に仕上がっている。

國吉ゆみこ ROBOTZ

   ガラス
京都のガラス工房で学んだのち、沖縄へ移住。自身の工房で産み出される作品は、瑞々しい感性が生かされ、繊細さを感じさせるものばかり。木や雲などを作品のモチーフに加えてストーリー性をもたせるなど、”國吉ゆみこ”ワールドに魅せられたファンは多い。

工房ことりの ‐ link

   やちむん
工房を主宰するのは長崎県出身の森永竜也さん。読谷村の清風窯で修業後、2008年に独立。やちむんのイメージにとらわれず、自由な発想で作品づくりに取り組んでいる。ナチュラルで落ち着いた色合いと、シンプルなシルエットが多くの女性の人気を集めている。

城間英樹

   クリエイター
映像・ゲームグラフィック製作・3Dデザインなど幅広い分野で活躍。フレンチブルドッグがモチーフのキャラクター「ブドッグ」が人気を集めている。

高橋佳世子

   フォトグラファー
恩納村在住。女性ならではのしなやかな感性に彩られたパステルタッチの作品は人気。やんばる地方の自然をテーマにしたポストカードは、旅の記念に買い求める人が多い。

徳元佐和子 ‐ link

   イラストレーター
ハワイアンとうちなーの融合デザインが人気。沖縄最大級のアートイベント、「カイナアートフェスタ」主宰。

豊永盛人 ‐ link

   琉球張り子
沖縄伝統の琉球張り子の技術を受け継ぐ作家さん。那覇市首里にあるアトリエ兼ショップ、ロードワークスにて展示販売。

プリッキー山田

   イラスト・雑貨
かりゆしのおっさんをはじめ、ごーやー夫人、サーターアンダジィなど個性たっぷりの楽しいキャラクターで知られるプリッキー山田さん。ポストカードやステッカーのほか、ストラップや張り子などの立体ものが人気。日曜日の午後は、天気がよければ国際通りの一角に小さな机を出して、絵を描いているプリッキーさんに出会えるかも!

吹きガラス工房 彩砂 ‐ link

   ガラス
読谷村に工房をかまえる新進の女性ガラス作家。桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン専攻を卒業後、来沖。宙吹ガラス工房虹へ入所し、現代の名工、稲嶺盛吉氏に師事。11年間の修業の後、2009年10月に独立した。

まちなか研究所わくわく ‐ link

   地域情報誌
特定非営利活動法人まちなか研究所わくわくは地域情報誌「みーきゅるきゅる」を定期刊行している。那覇中心部を対象としてコアなエリアやスポットをテーマに毎回膨大な量の情報を発信。地元の方はもちろん、マスコミやメディア関係者も「ネタの宝庫だ!」と口をそろえるくらい。

chufudi(チュフディ) ‐ link

   石鹸
こだわりの沖縄の天然素材から生まれた、ナチュラルコスメ、ハイビスカス、ノニ、もずく、たんん、月桃など100%天然由来の抽出成分を使用している無添加石鹸は健康志向のOLさんにも大人気。那覇市銘苅に直営店もある。

Doucatty ‐ link

   Tシャツ
田原幸浩さん・琴子さん夫妻がプロデュースするTシャツ&雑貨ブランド。幸浩さんの感性に任せて描いたイラストをメジャー雑誌のチーフデザイナーを務めていた琴子さんが作品に仕上げていく。

mocomoco

   銀粘土細工
銀年度技能士、垣花智子さんが創るアートクレイシルバーのプライベートブランド。アートクレイシルバーは粘土状の素材を形成し、焼き上げることで、純度99.9%の銀製品に仕上げる方法で、柔らかな温かみのある作品が人気を集めている。

Paul Lorimer ‐ link

   やちむん
ニュージーランド出身の陶芸家。岡山で備前焼を学んだ後、沖縄県石垣島で築窯。高温で焼き締めた独特の力強い作品は目の肥えた陶器ファンからの人気が高い。土や薪の調達から窯焚きまですべて自身でてがけ、土の成分分析や配合研究などにも意欲的に取り組んでいる。

rimoco*rimoco

   フェルト雑貨
大阪でのOL生活の後、フェルトの魅力にとりつかれ、web shopを開設。2004年沖縄移住。ひとつひとつ表情の違う人気のニコニコさんや、振ると美しい音を奏でるベルボールなど、楽しくてかわいい作品を作り続けている。

serendipity

   ガラスアクセサリー
フュージングガラスの技法を使い、個性的でかわいいアクセサリーを製作。成形したカラフルな板ガラスは、電気窯で約40分、800度の高温で焼き上げることで、より魅力的な輝きを放つ。ペンダント。リング、ストラップなどが人気で、キノコをモチーフにした作品は特に人気が高い。

南島染物屋ユナユナ ‐ link

   染物
茨城県出身。西表島でテント暮らしをしながら、型染めの技術を生かして「ヤシガニ探検隊」Tシャツを作ったところ、これが奇跡の大好評。その後もさまざまな作品を作り続け、2008年には石垣島へ転居し、その翌年に「南島染物屋ユナユナ」を創業。「八重山の自然や文化を染物で表現する」がコンセプト。